クレベリン衛生対策キットを買ってみた!

この冬の風邪・インフルエンザ対策に、マヌカハニーしょうが紅茶に引き続き、『クレベリン衛生対策キット』を買ってみました。一応、予防接種は受けているんですが、予防接種を受けてもかかるときはかかっちゃうのがインフルエンザですからね。

クレベリン衛生対策キット

クレベリンって、菌やウイルスに対する効果はもちろんですが、消臭効果が他の消臭剤でとは比べられないほど高いのが気に入ってます。トイレのアンモニア臭やカビ臭も消えて外から家の中に入ったときすっきりした気分になるんですよ。ちょっとプールの臭いがしますけどね・・・

クレベリンは結構お値段が高いんで必要な数をいちどに買うのはちょっときつい。お得なセットがあるのはとっても嬉しいです。amazonが一番安かったのでamazonから買いました。約8,000円分の商品が入って4,180円でした。

クレベリン衛生対策キットの中身

  • クレベリン スプレー×1本
  • クレベリン ミニスプレー×1本
  • クレベリン ゲル60g×2個
  • クレベリン ゲル150g×1個
  • クレベリンマスク×4箱(12枚)
  • プラスチック手袋×2双
  • 専用マニュアル×1冊

単品で買う場合は業務用がお得だと調べてみて分かりました。

クレベリンの濃度と安全性

クレベリンは人体に害のない安全な濃度に作られているそうです。
“クレベリンの10倍の濃度”といううたい文句で売られている商品があって思わずそちらを買いそうになりましたが、濃度が濃ければ良いというわけではないそうですよ。

なぜ、クレベリンを選んだのかというと

春先から次亜塩素酸水を使ってました。なぜ今回次亜塩素酸水ではなくクレベリンにしたのかというと、置き型ゲルがあるから!という単純な理由なんです。

クレベリン衛生対策キット

注文してから知ったんですがクレベリンの主成分二酸化塩素は次亜塩素酸ナトリウムに比べるとトリハロメタンが発生しにくいんだそうです。次亜塩素酸水はどうなんだろう???

クレベリンはどこにでもシュッシュできる次亜塩素酸水に比べると色落ちする布には使えなかったり金属には使わないほうがよかったりと制限があるので、用途によって使い分けるのがいいのかも。

クレベリンゲルを早速使ってみました

クレベリン衛生対策キット

まずはゲルづくり。クレベリンのボトルには液体が入っているので、一緒に入っている粉末のものをボトルに注ぎます。

クレベリン衛生対策キット

粉末が溶けて中の液体がゲル状になるのを待ちます。

クレベリン衛生対策キット

待っている間にお取替え日記入シールに取替え予定日を書き込みます。

クレベリン衛生対策キット

クレベリンゲルの蓋に貼ります。あとは気になる場所に置くだけ。

他にはスプレータイプをあちこちにシュッシュと振りかけて見ました。実はインフルエンザ予防以上に期待しているのがカビとアンモニア臭への効果なんです。カビの黒い色は次亜塩素酸水では取れないのですが、クレベリンでは数回の使用で取れるとか?楽しみです。

クレベリンを探す

posted with カエレバ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

Featuring Recent Posts WordPress Widget development by YD