抗菌・防臭剤を薄めて洗濯物にスプレーして使うって変?

お天気が安定していないので、室内に干した洗濯物を明日外に干せるかどうかわからないときや、ちょっと湿っているけど、もうたたんでしまっちゃいたいなんて時に気になるのが湿った洗濯物のいやーなにおいですよね。

抗菌・防臭剤を薄めて洗濯物にスプレーして使うって変?

あのにおいが明日この洗濯物からプーんと臭うかもしれないと思うと、ううう、憂鬱。でも、2日3日後のお天気を予想してお洗濯物に先日から使い始めた抗菌剤『フィトンα』の量を増やしたり減らしたりなんて私には出来ない・・

洗濯用フィトンαをシュッシュとスプレー

なんて悩んでいたら
「雨が2日続いて室内干しが2日続いた日は柔軟剤を薄めたのをスプレーしてる」
というお友達がいたので、これを応用してフィトンαを30倍くらいに薄めて湿ったタオルにスプレーして使っています。

家の中にいるのに雨上がりの公園の中を歩いているような香りがして幸せな気持ちになれるし、なんか効果があるような気がする。こういう使い方って変ですかね?

余談:洗濯用フィトンαの香りは“レノアハピネスフレッシュハーブ”の香りと相性がいいみたいです。香りがまざっても気にならないです。が、香りの感覚は人それぞれなので人によっては嫌かもです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

Featuring Recent Posts WordPress Widget development by YD